当事務所について

新事業を立ち上げている会社を中心に、
幅広いリーガルサービスを提供しています。

新しい視点の提供

「人は一つのものに囚われると局所にものを考えて見るくせがあります。すぐに原因結果を求めてそれだけを見ようとします。例えば、これらの写真を見る人にはジオラマぽいということがすべてかもしれませんが、実は撮っている本人にとってそれは重要なことではないかもしれません。一歩退いてものごとを見ると様々な答え、結果がでてきます。自分の受け取った気持ち、相手が受け取った気持ちを素直に受け入れると一つの写真でも色んな見え方がすると思っています。」 (本城直季「本城直季写真集/small planet」株式会社リトルモア 2006 年)

本城直季さんのカメラを通して世界をみると、今まで見ていた世界が全く別のものに見える。 ミニチュアの造形や、現実には存在しない夢の世界のようにも見える。その写真の持つ柔らかな質感や色彩も加わり、「これまで自分が見てきたものは一体何なのか」、そして「自分はこれからどのように世界を認識すべきか」を常に問いかけてくれる。

「弁護士」の役割の一つは、この作品のような働き掛けをクライアントに提供することだと思う。クライアントが見ている一つの世界に加え、独立した立場から「新しい視点」や「気付き」をもたらすこと。そして、様々な角度から世界の見え方を再構築し、多様な可能性を前提とした一つの認識の方法を整理して伝えること。これこそ弁護士の価値の源泉ではないかと思っている。

私は、たまたま生まれたこの日本で、色々な偶然が重なって弁護士になり、その後も、色々な偶然が(あたかも計画されたように)重なって、今般法律事務所を立ち上げることになった。少しでもクライアントに対して「新しい視点」を提供できるようなサービスを提供し、それで少しでもこの社会の役に立つことができればと思って仕事をしていきたいと思っている。

当事務所の理念である「新しい視点の提供」(”Providing a New Perspective”)を、できるだけ長い期間皆様に提供することができればと思う。

所属弁護士

事務所ギャラリー

轟木法律事務所
事務所名
轟木法律事務所
住所
東京都中央区晴海三丁目13-1 DEUX TOURS CANAL&SPA East4504
Google Map
代表弁護士
轟木 博信
所属弁護士会 第一東京弁護士会(登録番号49348)
TEL
03-5144-8600
FAX
03-5144-8601

Todoroki Law Offices. All Rights Reserved.